盲目の猫にゃぷとパパさん I think about it
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
知り合いに誘われて、河原尚行先生の講演に行ってきました。
行列のできる・・や1分間のいい話、情熱大陸などで見た方もいらっしゃるのでは・・
私は知らなかった・・・



アフリカのスーダン共和国で医療を中心に活動しているNPO団体の理事長です。
と言っても現在45歳、私よりも若い。
しかし尊敬に値する活動をされています。

外務省の医務官になってスーダンへ
しかし、医務官は大使館の邦人しか診察できない。
貧しく不衛生な村人の為に年収1700万円の肩書きを捨てNPOを立ち上げ活動。
それが2005年。
そこから診療所での医療活動
不衛生の根幹にある飲み水の確保、井戸を整備
安全に子供が産めるよう母子保健
次世代を育てる教育
子供たちの楽しみであるサッカーの学校設立、プロへの夢
そんなことを無一文からたった6年あまりで展開している。

夜空の下、洗面器のような鍋に入った現地の夕食を手づかみで皆と食べる。
そこには、何もないけど大切な何かがある。
日本は24時間欲しいものはなんでも手に入るしかしそこには何かが欠落してる。
そんなことをおっしゃっていました。

スーダンの人に「先生はいつまでスーダンにいてくれるんだい?」って聞かれたら
こう答えていらっしゃるそうです。「Forever・・・」

3月11日の地震の時は東京にいて、すぐさま救急車を手配して被災地へ
3月14日には現地で医療活動を行っていたそうです。
この人はそういう運命にあるんだなぁ・・


最後に「ハチ鳥のひとしずく」の話

森が火事になって動物たちがみんな逃げだした。
小さなハチ鳥が山に向かって飛んでいき、炎の上に口に含んだひとしずくの水を垂らした。
「何やってんだ?」と他の動物たちが笑う。
ハチ鳥は「僕が今できることをやっているだけ」と答えた・・

河原先生の活動をそれに似てると表現した友人がいたらしい。

1時間半の講演でエネルギッシュに話す河原先生は人を惹きつける魅力を持っている。
この人が成功するのはなんだかわかるなぁ・・

2011年7月9日あと4日で南スーダン共和国という新しい国が独立する。
スポンサーサイト
2011.07.05 Tue l I think about it l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年は桜を見に行くタイミングを逃し行けませんでした

長崎は4月10日の日曜日が満開だったかな・・すでにすっかり葉桜・・

人様のブログを見てやっぱり行きたかったなと・・一人ため息・・


スキャン0057
【東京に住んでた頃の井の頭公園の桜】


桜の木は大好きで次に生まれ変わるとしたら桜の木のなりたい。


桜の木は小さい頃から皆同じように「折っちゃいけません」って教えられているので花見で酔っ払っても誰も折ったりしません。桜も人が好きなのを知ってか知らずか花が先に咲いてそれから葉桜になる。
空に映えるピンクといい、花びらが風に舞うのも風情があっていい。

人が集うようにできてるのかな・・

少し寒い夜空の下、木の下で輪になって酒を飲む そうしてやっと春が訪れる・・


なんだかとっても平和な気持ちになります。




春って季節も桜に劣らず、なんだかほんわかして平和だなぁ。

0206 012
チョビ「ホンワカシテ、ダラダラニナッチャッタリシマスガ・・・・」

パパさん「確かに・・」

picture2011_0413(005).jpg
モフ「バッグニハイッテイテモ、ドコカニツレテイッテクレルワケデハナイノネ」

パパさん「それはかりんの学生鞄ですけど・・」


picture2010_0903.jpg
にゃぷ「ニワデノンビリスルノモワルクナイ・・」

パパさん「にゃぷは行動範囲10mだから庭でも満足してるけどね」


かりんが小さい頃、春になると東京の立川の昭和記念公園によく出かけてました。広い芝生の上で子供がはしゃぎ、ママさんはお弁当を広げてる。
遠くでは飼い主が放ったフリスビーを犬が追いかけてる。
青空の下、私は芝生の上に寝っ転がってあらためて感じてました。


「何でもない平凡な事が幸せで案外誰も気づいてないのかもなぁ」

なんてね。

0206 011
チョビ「パパサン、カゾクニナレテシアワセヨ」

パパさん「チョビもモフも家族になってくれてありがとね」


こんな記事をかくのも、やっぱり春だからかなぁ・・・






2011.04.21 Thu l I think about it l コメント (0) トラックバック (0) l top
前に書いた記事を時折振り返って読んでみたりする。
あ~1年前こんなことがあったなぁなんて思ったり、すっかり忘れてしまっているどうでもいいことが書いてあったり・・

振り返ってみる時に、関連する記事だけ見たいので、暇をみつけてはせっせとカテゴリを細かく分けて再振り分けした。(以外と手間かかるけど、早目にやったほうがいいだろうし・・)

すると、カテゴリが30以上に分かれてしまった。
人様のブログを覗いてもこんなにカテゴリは分かれてない・・
やっぱり私は興味あることが多すぎるのだろうか・・・

「笑える?」 と分けたカテゴリは主観的にはおかしい出来事なのだけど、皆さんがおかしいと思うのかわからんので?マークを付けた。

「I think about it」 は何かについて私なりに考えてみた出来事、
私の本質みたいなとこでしょうか・・

「チョビ」のカテゴリはノラ猫の4匹が家族でやってきてチョビが我が家の猫になるまでのいきさつがよくわかるし、「にゃぷ」のカテゴリもにゃぷが巨大化していくのがよくわかる(笑)

あとは猫にしか興味のない方、ダンスしか興味ない方などはカテゴリ別で見てもらったほうが楽しめるだろうしね。


カテゴリの横に記事数が記されている。
記事の数が私の興味のバロメーターになっているのだろうか・・
きっとそんなんだろう・・猫とダンスが多いな・・

2009年10月に何の気なしにとりあえず初めてみたブログも1年半経過した。
多趣味で移り気な私にしては頑張ってるほうだな・・

私にとってブログとは、やはり公けの日記みたいなもので、
人の心がちょっと動いてくれることを望んでいる。
それから遠方の友人への近況報告も兼ねてる。

さて、あなたにとってブログとは? 一度考えてみてはいかが?

picture2011_0405(021).jpg
【初の3ショット にゃぷ・チョビ・モフ】

2011.04.08 Fri l I think about it l コメント (3) トラックバック (0) l top
私のブログのプロフィールに「長崎在住」と記しています。

余計なお世話かも知れませんが、皆さんも差し支えなければ記載して頂きたいと願っております。

震災等の時、ブログを拝見してどちらにお住まいかわからず気をもむこともしばしば。
(ブログの内容でわかることもありますが・・)

私だけに限らず、心配される方が多いのではないでしょうか・・

是非ご検討下さい。



被災者の皆様、まだまだ平穏がおとずれるには、時間がかかるでしょうがどうかご無事にお過ごし下さい。

 



picture2011_0313.jpg
【チョビ考えてるような顔に見えますが・・】

picture2011_0313(001).jpg
【顎にあるのは手ではなく、実は足・・器用やなぁ・・】

picture2011_0317.jpg
【パパさんの足の間で寛ぐチョビ】



2011.03.21 Mon l I think about it l コメント (2) トラックバック (0) l top
一度だけ新年を一人で迎えたことがある。
友人2人が来ると言うので簡単な料理を拵えて、待っていた。

そろそろ12時だというのに友人は現れない。
携帯もない頃だから、連絡もつけようがない・・

そうこうしてる間に、ブラウン管の向こうでカウントダウンが始まり
賑やかな新年を迎えた。

「あけましておめでとう」ブラウン管に向かってつぶやいた。

結局、深夜に友人はきたが、あんな淋しい正月はなかったなぁ・・



新年を迎えるその瞬間に、傍に誰かいてくれるってのはいいもんだ。
友人だったり、恋人だったり、家族(ペットもね)だったり・・・

少子化で高齢化・・どれくらいのお年寄りが一人で新年をむかえているのだろう・・
身寄りがなかったり、子供が遠く離れていたり・・
そんなお年寄りの傍に猫が一匹いるだけで、随分違うんだろうなぁ。

アパートでのお年寄りの一人暮らしはペット可にしてくれればいいのに・・
どれだけの人が救われるんだろう・・どれだけの人が生きる支えになるんだろう・・

今年は実家で父と妹、ママさんとかりんと一緒に新年を迎えた。

家に帰れば、にゃぷとチョビもいる。
20110103 021
にゃぷ・チョビ「お帰り!」
 
みんな一人では生きていけず、誰かに支えられて生きてる。
20110103 023
チョビ「シアワセッテコウイウコト?」
にゃぷ「zzzzz」

寄り添って生きていけるって幸せなことだよね。

0105 005
チョビ「パパサン、ナニシテンノ?」
パパさん「暖かいブログをアップしてるの」

1231move42.jpg
にゃぷ「ブログッテタベレル?ムニャムニャ・・zz」




2011.01.06 Thu l I think about it l コメント (1) トラックバック (0) l top
よくよく考えてみるといつも私が器を買ってる。

ママさんはどちらかと言うとコーヒーカップはひとつありゃ十分でしょって考え。

私は好きなデザインがあったらパッと購入してしまう。
エスプレッソ用のデミカップやココア用のマグカップ、その時々に使い分けてる。

私はコレクションしてしまうたちで、凝るとなんでも集めてしまう。

カリンが生まれた時は「ウォレスとグルミット」のグッズを集め、
(アンパンマンとか嫌いだったから見せなかった・・みんな同じ感性になっちゃいそうだし・・)
生まれる前はスウォッチにはまり時計ばかり買ってたり・・

時計を集めてた頃自問自答したことがある。
「トケイコンナニカッテドウスンノ?」
何日か後、また時計を買いに行ってる自分がいる。
その時に
「私は私であるために時計を買ってるんだな」と妙に納得した。
ママさんにとってなんの価値もないからね。
ママさんは時計も一個ありゃ十分って考えだし・・

本棚を見るとその人の人となりが見えるという。
私も「人となり」を知ってもらうためにブログを書き、
タップダンスを踊り、絵手紙・毛筆を嗜み、時計を
集めているのかもしれない。


100422_0958~02
【先日買った有田焼の小鉢450円】
2010.04.22 Thu l I think about it l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。